二重幅を操るアイメイク

アイメイク comments(0) - 上条 さくら

JUGEMテーマ:コスメ

 

大学生の頃は、毎朝早起きしてメイクに30分かけていましたが、今やメイク時間10分。

 

下地+パウダー+アイブロウ⇒5分

 

なんて時もあります。

(アレルギー性結膜炎で目の調子が悪い時=週3日程)

 

時間に余裕があれば、パウダーアイシャドウ+アイラインorクリームアイカラー+マスカラの時も。(週に1回くらい)

 

週1回のおデートの時、

大好きな人に会えるから気合いを入れて!

なんて気持ちは全くないけれど、準備する時間がたっぷりあるので、自分の顔と向き合う時間にしています。

 

コンタクトを入れて、自然光の元で鏡に映る自分の顔・・・

 

アイラインをスムーズに引きにくいシワが、上瞼にでき始めています。

 

今年で33歳。

加齢も原因ですが、夜更かし&PC・スマホのしすぎとアレルギー性結膜炎で擦ってしまう(寝ぼけた時にやっちゃうのです)のも原因でしょう。

 

眼瞼が落ちくぼんだので、茶色のシャドウを使うことが減りました。

 

その代わりに、昨年購入したインテグレートのローズシャドウを頻繁に(といっても週2,3回)に使うようになりました。

 

 

二重からはみ出すようにレンガ色をのせます。

 

落ちくぼんだ眼瞼に光沢パールのピンクを塗ってふっくら瞼に。

ついでに、レンガ色との境目をぼかします。

 

先週のおデートの日、いつもは上瞼に使わないローズ色をアイライン代わりに引きました。

 

{A9AD3C25-676A-4307-AC20-774B0F8577F9}

 

アイラインを引いていないため、上瞼のアーチラインのトップにまつげの隙間ができて、目力弱めですが、二重幅はキープできます。

 

私、二重の幅が狭いので、アイライン入れるときは細ーく引かないと、二重が潰れてしまうのです。

 

二重の幅を広げようと、テープ、ファイバー、糊・・・試しましたが、落ちくぼんでしまった肉のない瞼には痛々しい仕上がりだったので、二重アイテムたちは埃をかぶっています。

 

近くで見られるときは、アイラインなしで幅広二重の大きい目。

少し離れて見られるときは、アイラインありで、くっきり大きい目。

 

その日のシチュエーションで見え方を変えるのも手ですよ〜

なんてね。
単に、アイカラークリームのグラデに失敗して、パウダーをのせてごまかしたものの、クリームカラー塗ってるとリキッドアイライナーが滲んだり弾いたりしてうまく引けないからこうなった、というだけの失敗作だったりする、幅狭二重さくらの小細工メイクでした。

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ
にほんブログ村

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM