マイボーム腺が詰まって瞼のフチにプツ

美容マメ知識 comments(0) - 上条 さくら

JUGEMテーマ:キレイになろう

 

 

チークを入れてふんわりな活気注入!

マスカラ抜いても、アイラインをひいてビューラーでまつげ上げて気分を上げて・・・

 

時短メイクでも最低これくらいはして仕事に行きたいところ。

 

しかし、現実は寝坊と目の不調でほぼすっぴん眼鏡。

 

マスクの季節になったから、眉毛と、マスクから出ている肌のみBBクリーム+パウダーをはたくというさぼり具合。

 

 

 

アイメイクできないのと眼鏡になってしまう原因は、まつげの生え際によくできるプツ。

 

ゴロゴロするの!

 

コンタクト付けるとさらにゴロゴロして、コンタクトずれてぼやけて仕事にならないの。

(乱視用ワンデー使っています。)

 

 

瞼のフチにあるマイボーム腺から脂が出て、涙の蒸発を防いでくれるんだけど、その脂が詰まってプツができている状態なのです。

 

よくできるの。顔洗わずに寝た後特に・・・反省するんだけれども、眠気には勝てず。。。

 

でもね、ちゃんと洗顔している時でもできる時があります。

 

アイメイクを変えた時や、ファンケル以外のクレンジングを使った時とか。

 

眼科の先生からは、ホッカホカのタオルで瞼を温めると予防できると教えてもらいました。

 

眼科にはアレルギー性結膜炎で定期通院しているんですが、メイクしたまま寝ちゃって・・・って話すと笑われました。

 

まつげの生え際までアイラインを埋めるようにひいている方もお気を付けて。

その場合は、アイメイクで脂の分泌が遮られてドライアイになりやすいので、私は粘膜の上は引かないようにしています。というより、ひくテクニックがない、というのが正解( *´艸`)

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM