スポンサーサイト

  • 2020.05.15 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    貧乏主婦には泣きたくなるほど高かった猫の病院代

    • 2019.10.14 Monday
    • 13:12

    猫の予防接種に行くときは、母と一緒に実家猫4匹をいっぺんに連れて行っていました。

     

    しかし、今年は母の仕事の都合で一緒に行けず、私一人が4匹同時に連れて行くのは難しいので2匹ずつに分けて行くことにしました。

     

    先発は上2匹。

    長男猫:注射の時に噛む

    長女猫:行き帰りの車内で失禁

     

    上記問題のある大変な2匹で、再々連れて行くのは難しいので、予防接種のついでに、気になっていた症状の診察も併せてお願いすることにしました。

    お金かかるから月をずらそうか悩んだんだけど(´;ω;`)

     

    四女猫を迎えてから風邪を引いた長男猫と長女猫。

    予後、目脂と耳垢がずっと気になっていました。

     

    私では耳洗浄が難しいので、動物病院でお願いしたところ、ちょっと後悔する結果に(´;ω;`)

     

    まず、やらかしたのは長女猫。

    でもね、スタッフのミスよ!えー

     

    体重測りまーす。

    診察台にのせてくださーい。

     

    って言われたんだけど、診察室から検査室、手術室へ続く戸が開けっ放し!

     

    閉めんのかーい!

    逃げるんじゃないのかしら?

    長女猫はビビりだから診察台の上に置いたら固まるかしら?

     

    なんて思いながら置いたら、案の定手術室へ逃げ込み、棚の下に隠れましたキョロキョロ

     

    ホラみたことか!

     

    なかなか出てこない長女猫。

    動かないのでお尻を支えて引きずりだしましたショボーン

     

    2匹とも、目隠しで噛まないようにするカバーをあてられ、私が抑えての処置。

     

    こんなの下差し

     

    予防接種はまぁ、いつも通りの「いやいや」程度で済んだのですが、時間がかかる耳洗浄。

     

    頭をブルブル振って拒否!

    耳洗浄はなかなか進まず

    口輪マスクも度々ズレて、激しい威嚇。

     

    マスクの留め直しを何度したことかチーン

     

    先に長女猫をやっとこさ済ませて、噛みの前科がある長男猫は片耳にとっても時間がかかり、あまりにもかわいそうになってしまったためDr.に中止でもかまわない旨を伝えました。

     

    ですが、ちょうどのタイミングでこられたベテランスタッフさんが抑えてくれて、

    ちょちょちょのちょっ!

    で、もう片方の耳も完了☆

     

    解放された長男猫は

    「こわかったよぉーえーん

    とベテランスタッフさんにしがみつきました滝汗

    ※ベテランスタッフさんは動物看護師ではないが一番扱いが上手。

     

    あれ?

    ここはママである私じゃないの??笑い泣き

    ちょっと悲しくなりましたショボーン

     

    ヒシっとしがみつく長男猫を抱っこしながら、Dr.に長男猫の歯と目脂の相談。

     

    自宅でも病院でも、点眼は難しく、眼軟膏を処方されました。

     

    とても口の中を診察できる状況じゃなかったけれど、シャーっと威嚇して口を開けた時に「これです!コレ!」と犬歯にある黒い点を確認してもらいました。

     

    一瞬の目視でしたが、「汚れですね〜」と。

     

    猫は人間と口腔内pHが異なり、虫歯の原因となるミュータンス菌が繁殖しないので、虫歯にならないと言われています。

     

    なので虫歯とは診断されず。

    歯石で、こんなに真っ黒い点が付くのが不思議ですが。

     

    そのかわり、歯垢や歯石除去剤をすすめられました。

     

    うんうん!

    ケアしたいと思ってたんですニコニコ

    でも、ネットで商品を見ても、どの商品がいいのかわからなくて選べずにいたんです。

    で、先生のところで扱っているのはどんなの?

    おすすめは??

     

    と思いながら聞いていると、思わず聞き返してしまいました。

     

    「8000円!?」

     

    一番効果的なのは8000円。

    効果とお値段のレベルを落とすと4000円。

     

    「…滝汗すみません4000円の方で・・・」

     

    現金払いしかできないし、お財布に2万円ちょっとしか入ってないもんえーん

     

    ではでは、今回のお会計、一体いくらになったかといいますと

     

     

    ワクチン(3種混合) 3704円×2=7408円

    再診料 500円×2=1000円

    処置外用薬 2000円×2=4000円

    処置 1200円×2=2400円

    眼軟膏(抗生剤) 600円

    歯石クリーナー 1600円

     

    これらに8%の税金をあわせると18,368円笑い泣き

     

     

    あれ?

    家計簿つける時は気づかなかったけれど、このブログ書きながらレシート見直してると

    4000円は歯石クリーナーじゃなくて

    耳洗浄後に注入した薬代ではないか!

    以前の診療料金システムの方がよかったぁ!処置薬剤込みの処置代3000円だったのー(つд⊂)エーン 処置中に使う薬なんて少量なのに、処方される同じ薬より高いのはなぜ?と毎回思ってしまう。スタッフ増えてから、診療料金システムがかわったみたい。

     

    ということは、歯石クリーナーは一番下のランク?滝汗

    レジの打ち間違い?

    それとも渡されたものは一番下のランクのものなのだろうか…。

     

    それにしても、予防接種だけなら税込4000円×2匹で済んだのに、あれもこれもとお願いして、結局猫らのストレスを与えてしまい、免疫力が低下して猫風邪ひいてしまいましたえーん

     

    もうね、通院のストレスかけないように自宅で経過観察にしました。

     

    今回の通院、長女猫は行き帰りの車内で大小失禁&処置中の診察台の上で尿失禁チーン

     

    その結果、長男猫は3週間で自然治癒、長女猫は1週間で自然治癒しました。

     

    image

    (次女猫:通院途中の車内で鳴き続けた)

     

    残り2匹は特に気になる点はなかったので、予防接種(3種混合)のみ行い、税込8000円

     

    9月の猫らの病院代は合計26368円えーん

     

    当初は予防接種だけで12000円で済む予定だったのでとっても痛い出費となりましたチーン

     

    現状の診療料金システムの間は、極力、耳洗浄は自力で済ませる方針でいこうと決めた貧乏主婦さくらでしたバイバイ

    長女猫以外は上手くできています。

     

     

    JUGEMテーマ:にゃんこ

    スポンサーサイト

    • 2020.05.15 Friday
    • 13:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM