多肉が受けた台風被害

  • 2019.09.28 Saturday
  • 17:43

いつもの場所で、これまでの台風に耐えてきた多肉たち。

 

今回の台風も大丈夫かな〜

 

なんて、いつもの場所に置いていたら…

 

雨はひどくなかったけれど、風が強かった今回の台風。

 

鉢植えが棚から落ちたり

 

image

 

背の高い多肉は、風に煽られて倒れちゃったり

 

image

 

鉢は割れちゃったけれど

多肉ちゃんは無事でした。

葉っぱところどころ取れていたけれど。

 

ダイソー出身の素焼き鉢は軽くて扱いやすいんだけど、台風の時には飛んじゃうんだねえーん

 

母からは屋内に入れないからよ!

棚から降ろさないからよ!

 

と言われましたショボーン

 

棚からは降ろすべきでしたが、屋内には…

 

猫大魔王が多肉を狙っているんですものゲッソリ

 

image

 

忘れもしない。

高かった多肉様を引っこ抜かれ

咥えて連れ去られ

いたぶられた過去をムキー

 

そんな理由で、多肉を屋内避難させませんでした。

 

私が作った陶芸作品の多肉鉢はずっしり重く、今回は被害なしでした。

 

image

(初代?ブック型多肉鉢)

 

実家の断捨離と並行しながら多肉の植え替えをしているのですが、どちらもなかなか進んでいません。

 

どちらも強敵に阻まれていますショボーン

 

多肉植え替え→蚊

断捨離→埃、ダニ

 

どちらも、私に痒みをもたらしますムキー

アレルギーも出まくりですゲッソリ

 

掻きすぎて色素沈着しないよう、かゆみ止めの目薬と軟膏を使って乗り切ろうとがんばる干物女さくらでしたバイバイ

病院パタノール点眼液とリンデロン軟膏を使用中。

 

 

JUGEMテーマ:多肉植物

たくさんのハートピンクの子株をつけたカランコエ(不死鳥)

  • 2019.09.19 Thursday
  • 11:26

葉のギザギザのフチにたくさんのかわいい子株ができたカランコエ。

 

葉っぱも子株も焼けちゃってるのもありましたが、それよりも元気な子株がたーくさんできています。

 

image

 

元はこんな👇小さな株でした。

 

 

成長過程で、いびつな形になった葉っぱに子株はできませんでした。

 妊活していると、なんだかなぁ。。。と思います。若い葉には子株ができるけど、古い葉には子株ができないという…(;^_^A

 

image

 

昨年できた子株が鉢に落ち、

それを拾い上げて育てた結果、

 プリンカップに土を入れて放り込んだだけともいう。

このような姿下差しに生長しました。

 

image

 

ひょろっとしています滝汗

 

水はけが悪く、容器の内側にコケも生えているようなので、植え替え&株分けをしようとポットを用意しましたが・・・

 

大小合わせて6本あり、2本を固定しながらの土入れは上手くいかず、1鉢に1本ずつ植えました。

 

image

 

この夏にお星さまになった多肉たちがたくさんいて、鉢を整理したら減るかなぁ照れなんて思っていましたが、甘かったびっくり

 

1鉢から6鉢に増えてしまいました。

 

そして、今年できた子株たちは、新しく用意した土入りプリンカップの中にものすごい高密度で入れてしまいましたガーン

画像撮り忘れましたショボーン

 

3分の2くらい脱落すると仮定しても、生き残って生長するには狭すぎる環境です。

 

3分の1生き残ってもちょっと困っちゃうかもあせる

 

image

 

こんなにおっきくなる多肉(不死鳥疑い)を何十鉢も育てられない笑い泣き

 

他の多肉に比べて、増殖力がすごいキラキラ

 

1つの葉っぱに子株を10株以上付けてるもん!

生き残るのが難しいためたくさん子株をつけるとも言う(;^ω^)

 

今後の生長が楽しみな多肉女子さくらでしたバイバイ

 

 

JUGEMテーマ:多肉植物

 

干物女は多肉を枯らす?七福神(エケベリア)の生長と植え替え

  • 2019.09.05 Thursday
  • 12:30

天気が良いのは洗濯物がよく乾いて嬉しいのですが、なんだか夏に戻ったみたいで・・・だるさが抜けない干物女さくらですショボーン

 

とは言え、多肉さんの生長は活発になり、やっぱり秋なんだなぁと植え替え作業を進めます。

 

では、干物女に育てられた七福神の生長する姿とともにをご覧ください。

 

 

image

 

NEW2019年3月植物専門店で購入NEW

干物女の実家へようこそドキドキ

 

ダウン

ダウン

ダウン

 

image

 

2019年5月

ピンクの爪や肉厚の葉っぱは?

可愛かった姿はどこへ行った?

デローンと広がった姿になったガーン

 

生長したらこんな姿になるのだと

言い聞かせて黄色ポットに植え替え

 

ダウン

ダウン

ダウン

 

image

 

2019年9月

ポットからはみ出る大きさに生長し、

水やりがしにくいため植え替え

 

鉢:ダイソー(鉢底ネット自作)

土:残り少ないとブレンド

 

 

ダウン

ダウン

ダウン

 

image

 

今回の植え替え時に、葉挿し用に葉っぱをもぎ取ることはしませんでした。

 

別の先輩七福神で失敗しているので(´;ω;`)

芽が出ず、根しか出なかったの。

そして先輩七福神は徒長&根腐れし、折れ曲がりましたガーン現在延命治療中です病院💉

 

 

🍀七福神🍀

ベンケイソウ科エケベリア属

(中米原産)

中型種

春秋型

薔薇の花のようなロゼット型の葉が美しいので人気。

風通し良く、春と秋に日当たりの良い場所で育てれば夏にピンクの花を咲かせる。

冬になると葉の先端部分がほんのりと赤く紅葉。

 

 

 

JUGEMテーマ:多肉植物

多肉を室外機の熱風と夏の直射日光に当てた結果

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 11:31

一日中冷房付けっぱなし。

お猫様のためにリビングのエアコンを29℃に設定して出かけています。

 

デブ猫だんにゃが何か言いたそうでしたが、

「僕がリビングでお昼寝したらいいのかな?」

と可愛いことをいっておりました。

 

なのに

「そしたら、猫が座椅子で寝れないじゃん」

と嫁は可愛くないお返事えー

 

だんにゃはきっと

誰もいないのにエアコンつけっぱなしはもったいない」

と言いたかったのでしょう。

 

でも、嫁に

「お猫様がいるでしょムキーぶたぁ!」

と反撃されるのを見越してか、気を使ってか、かわいく言ってくれたのに、かわいくないことを言ってしまった・・・チーン

ごめんにょショボーン

 

エアコンの電源はつけっぱですが、お部屋が設定温度より冷えてくるとお休みします。

 

なので、室外機もずーと回りっぱなしという訳ではないのですが、かーなーりの温風が出ています。

 

いや、熱風か・・・びっくり

 

そんな室外機の熱風をもろに受け続けた多肉がどうなったかといいますと・・・

 

image

 

『福娘』と札立ててますが、『ふっくら娘』ですキョロキョロ

 

ふくふくの葉っぱが、ボーロボロ落ちて無残な姿にチーン

 

※画像は落ちてから3日後の葉っぱです。ふくふくの葉っぱのまま落ちたのです。

 

元はこんなん下差しだったのにね滝汗

 

 

image

 

『桃美人』のプクプクの葉っぱもボロボロ落ちました。

黒いシミ・・・葉焼け?

黄色い葉っぱ・・・腐った?

 

 

 

 

image

 

地面から近い葉からポロポロ落ちていく『天使のしずく』

 

 

 

これら3つは室外機の熱風でやられたというよりも

 原因の一つではあると思いますが

 

梅雨時期に数日間雨ざらし

       ダウン

・紫外線から守る白い粉がとれて、夏の日差しに当たって葉焼けした。

・根が水に濡れたままの状態が続いて、蒸れて根腐れした。

 

という可能性が高いかなショボーン

 

 

他にも

急に強い日差しに当てた

梅雨明けからの水分投与失敗

 (水を与える回数が少ない)

 (日照時間に水を与えて蒸れた)

  

などなど、心当たりが多すぎますが

まとめると、私の手抜き栽培が原因笑い泣き

 

 

タニラーさんは、ちゃんと遮光ネットされてるし

日照強度に合わせて遮光率も替えてるし

 

ただただ、すごーいびっくり

としか言えない干物女さくらでしたバイバイ

 つまり行動しないという・・・(;^ω^)

 

 

JUGEMテーマ:多肉植物

不死鳥?ダイソー出身多肉カランコエ観察記録

  • 2019.08.17 Saturday
  • 18:39

2018年9月に購入したダイソー出身のカランコエ。

 名前はないけれど、『不死鳥』と思って育てています。

 

image

 

葉は4方向に向かって生え、どの葉にも光が当たるように、葉が重ならないよう少しずつずれるようにして生えています。

 

image

 

葉のフチにはピンク色のお花ガーベラ・・・ではなく子株です。

 

 

2019年1月に日当たりの良い玄関先に移動させました。

 

image

 

ちょっと徒長してる?

古い葉は枯れてきています。水不足?

新しい葉が顔を出しています。

 

image

 

春から梅雨前まで、かなり強い日差しに当てたためか、肉厚の表面がきったなーい葉っぱになってしまいました。

 

日当たりが悪くてもダメ。

葉の色が冴えないんだって(不死鳥なら真顔)。

 

 

 

2019年8月には新しい葉っぱに子株がたくさん付いています。

 

image

 

鶴岡先生の本によると

葉のギザギザしている部分に生長点があって、そこから子株ができて増やせるのですが、子株は夏の蒸れに弱いので、そのままにしておくと傷んで、とろけるように枯れてしまうんだってびっくり

 

 

去年は秋に植え替えした時に、ポロポロと子株が簡単に取れちゃって、それを拾い集めて小さなポットで育てています。

 

お星さまになっちゃったこもいますが、かろうじて生きてるのが1株、怪しいけれどグングン育っているのが2株あります。

 

で、今回は真夏の子株ちゃん。

ピンク色の子株がかわいい照れ

台風前の画像です。

おうちの中には入れませんでした。

 

image

 

それはね、猫猫が多肉に悪戯しちゃうからえーん

 

でも、台風前に子株を切り離して、子株だけでも安全なところに移しておけばよかったかな。

 

実家に帰って、多肉の安否を確認車

 

子株の数が減っているような気もしないではないですが、無事でした(^^)/

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM