肌色湿布薬でかぶれた時の対処

医療 comments(0) - 上条 さくら
JUGEMテーマ:病院へGO!!

夕方、仕事から帰ってみゅうたんをお散歩に連れて行った時のこと。

何故か地面の窪みにビクビクしていたみゅうたんに私の足があたったのか、しっぽを踏んだのか、

「ぎゃおっ!!」

と叫んだみゅうたんにびっくりした私。

ちょっと後ずさっただけなのに、どうやら足をひねったようで、入浴中からズキズキ。

眠れないほどの疼痛だったため、翌日の夜は肌色の薄い湿布薬を貼っておやすみなさい。

日中はストッキング履くから湿布ははぎ取って、また夜だけ少しずらして貼ったの。

2夜連続で貼って、痛みは治まったのに、今度はかゆみが出現!



うっすらと湿布を貼っていた場所が赤くなっているのがわかるでしょ?

痒みがどんどん増してきて、カキカキして、肌がゴワゴワとかたくなって・・・




やっぱり肌色湿布はダメかぁ。。。

前にもかぶれたことがあったんだけど、どこのメーカーの製品か覚えてなくて、試しに家にあったのを使ったの。

防水タイプの粘着力の強い絆創膏を貼った時もかぶれて、皮膚科の先生にはいろいろ試してみるしかないといわれ、今回試した結果がコレ・・・

白いムニムニした厚みのある湿布薬ではかぶれなかったから、それにしとけばよかったな。

肌色湿布、鎮痛効果はとってもあったんだけどな〜。

絆創膏でかぶれてほったらかしにして掻き毟った結果、色素沈着したので、今回は前回の反省を踏まえ、リンデロン軟膏を処方してもらって、早めの対処をしました。

現在、赤みは退いたけど、ガサガサになってます。

肌色の薄い湿布は粘着力が高い分、私のお肌にはその粘着剤が合わないんだろうな。。。
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM