北欧食器に影響を受けた絵付け

陶芸 comments(0) - 上条 さくら

JUGEMテーマ:陶芸

JUGEMテーマ:北欧食器

 

白い器に藍色の模様と言えばいかにも砥部焼って感じで好きじゃなかったんだけど、

年をとったせいか好みが変わったのか、最近買う服は藍色・紺色・群青・青ばかり。

 

それに北欧食器の影響も受けて、最近の作品は砥部焼の土を成形して、呉須(※)で絵付けしてます。

 

 

イメージではもう少し濃い藍色だったんだけど、中心部が濃くなるような仕上がりにこだわって、水を多めにいれて薄い色で重ね塗りしたの。

 

イメージとは違うけれど、案外かわいい仕上がりにちょっぴり満足☆

 

内側は同じ模様を小さいサイズで別の日に絵付けしたの。

 

 

イメージ通りの濃さなんだけど、滲んでるし、グラデーションわからないし、濃すぎて釉薬はじいてしまったーkyu涙

 

食器として使えなーいゆう★

 

ダメもとで、はじいて釉薬が剥がれている部分に釉薬を再度かけて焼き直し!

 

うまくコーティングされますよーに!

 

ちなみにイメージとはこんな感じでした。この濃淡を出したかったぁゆう★

 

<陶芸メモ>

※呉須とは

磁器の染め付けに用いる藍色の顔料。主成分は酸化コバルトで、ほかに鉄・マンガンなどを含む。

砥部焼で猫食器(角皿)作りました

陶芸 comments(0) - 上条 さくら

 

自分用に砥部焼の猫食器を作りました。すっごくスローペースですが、陶芸を始めた頃より絵付けは上達したかなDocomo_kao8

 

左はお肉の白パックで型どり、右は石膏の型で角皿を作りました。

 

左:アジサイに隠れる猫

猫を描いた茶色が薄すぎたためか、本焼き後猫がほんとにかくれんぼしちゃったアセアセ

 

アジサイは

メラミンスポンジを正方形にカット→十字に削る→真ん中にドットペンでドットを1つ付ける

というやり方で描いてみました。

葉っぱもメラミンスポンジをカットしてスタンプ押し☆

 

右:手毬で遊ぶ猫

手毬の1本1本の糸を灰色で試しに描いてみたのだけれど、見事に消えた0口0

 

 

JUGEMテーマ:猫雑貨
JUGEMテーマ:陶芸

 

陶芸教室で雛人形を作る

陶芸 comments(0) - 上条 さくら
JUGEMテーマ:陶芸

年明け初の陶芸教室に行ってきました。

1作品目は、猫草栽培用陶器鉢の受け皿。

これは、教室において帰りました。

ものの10分でできてしまったので、2作目は猫の雛人形を作ろうとしたのですが。。。

紙に猫を描くのとは訳が違い、3Dはの猫の頭も体も難しい

特に、頭


(焼きあがったら真っ白になる陶土で作っています。)

つぶれあんパンみたいになっちゃう

2頭身くらいがかわいいだろうと思って作っていたのですが、胴体に頭を乗せてみると、頭でっかちにしか見えず。。。

家に帰ってからやり直しをしようと持って帰りました。

この大きさだと、おひな様の粘土が足りない。。。

今日お財布持っていくの忘れたから買えなかったの

3月3日までに間に合うかな?

合体して今の半分のサイズに作り直そうかな。

それとも、買い置きしてあるオーブン陶土 で初めからお内裏様とおひな様作ろっかな。

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ
にほんブログ村
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM