自分の批判は受け入れ難い

おことば comments(0) - 上条 さくら
JUGEMテーマ:日記・一般
 


「他人の批判はし易いが 
自分の批判は受け入れ難い」



私たちの日常生活は、人間関係なくしては成り立ちません。

それゆえに、他人を批判する、あるいは他人の批判を耳にする、という場面も時々あると思います。

一人の人間に対して、複数の人たちが同様の批判をしている場合は、その指摘は的を得たものである場合も多く、本人にとっては大切な反省材料になるはずです。

しかし、それらの批判が、自分に向けられたものであれば、果たして素直に認めることができるでしょうか?

人間には等しく「物を見る眼」がありますが、自分の眼では「自分の眼」をみることはできません。

つまり、自分のことを自分で知ることは極めて困難で、自分の短所や癖は自分では気づいていないことが多いのです。

それゆえ、自分の至らぬところは他人の批判によって知らなければなりません。

他人は自分を鋭い眼で見ていることを知り、批判に対して言い訳や反発をせず、素直に受け入れ、ありのままの自分を見極めていきたいものです。



うちの家で問題なのは弟君。

ニキビを直したいと思っているくせに、手で触ってしまう。

顔や頭を触ってしまうクセがあるよぅで、触る度に注意しているのですが

「ふんだふんだ

と怒ったりすねたりするのです。

もぅ高校3年生なのに。。。

見た目も周りの子と比べたら子供で、中身はもっと子供なのだろうな〜

小学生を相手にするつもりで、注意する方も受け入れやすい言葉を選んであげねば

と思うお姉ちゃんでした


お金は天下のまわりもの

おことば comments(0) - 上条 さくら
JUGEMテーマ:日記・一般

 これからは女性の時代。

主婦であろうとバイトやパートをしてお金を稼ぎ始めたら日本は変わる。

稼いだお金を自分の趣味や健康のために遣える人が増える。

さらに自分のためにお金が遣える人は、人のためにも遣えるので、お金が上手に回っていく。

どこかでお金を貯めたり、自分のためだけに遣う人のおかねは低迷していく。



HRKの岩本初恵社長のお父様のおことばデス


社会に出るまでは、お金は貯めることが美学だと思っていました

将来に備えて蓄えることは大切。

浪費は敵!

でも、モノを買うだけがお金の使い方じゃない。

自分に投資。

これが一番有意義なお金の使い方じゃないかなっておもいます。

自分のスキルアップにもなるし、会社の役にも立てるし、社会に貢献できるし

ビジネススキルだけでなくても、映画を見に行くとか、美術館にいくとかでも、人として豊になれるものにお金をかけることも、ちょっとした自己投資になるんじゃないかな

仕事を趣味にする

おことば comments(0) - 上条 さくら
JUGEMテーマ:日記・一般

趣味というのは自分が楽しいからできる。

それが仕事であれば、人生の幸せをつかんだも同じ。

お金が入ってこない趣味を持つとお金が逃げていく。

もしも、1か月お金の入らない趣味ばかりをしていたら絶対に飽きるし、自己向上もできて、余計に楽しくなっていく。

それが仕事のおもしろさ。

好きなことをしている人間は死なない。

その好きなことが仕事であれば余計にしなない。

好きなことがただの趣味で終わって、お金ばかりを遣っていたら、そこが間違いといって病気がくる。

結局仕事は食べるためではなく、きついこと、辛いことを乗り越える訓練の場と覚えておけば仕事が好きになるもので、仕事が好きになった人間は、汚い仕事でもきつい仕事でも人間関係でもなんでも、すべてが好きになる。

だから仕事を好きになるところから始めた方がいい。




HRKの岩本初恵社長のお父様のおことばデス


趣味を仕事にするのが一番いいのだけれど、世の中、自分のしたい仕事をできないヒトだっています。

田舎は職種選べないし。

とりあえず食べていくために就職した、働いてるっていう感じ。

けれど、自分のしたい仕事でなくても、人の役に立っていることを実感したり、やりがいを感じたりすることで、自分の仕事に誇りをもつようになったり好きになったりしていくんじゃないかな☆


そぅいう人って、やっぱりキラキラ輝いている気がする。



私は仕事を趣味にじゃなくて、趣味を仕事にしたい派。

世間体もあるのに、今までの安定した仕事辞めてしまったおばかさん☆

妹はあくまで趣味は趣味、仕事は仕事っていうクールさん☆

妹の方が現実的だけど、私、趣味にお金をかけるのが嫌いなの。

かけた分は取り返さないと気が済まないの!!


なにしろ金の亡者だから(笑)


ただ、思うのは、趣味を仕事にして、辛いこと、苦しいことにぶち当たっても、今まで好きだったことを嫌いにはなりたくない。

私、何のためにやってるの?

って思うようにはなりたくない。

いつまでも『好き』を仕事にしていきたい☆

そして仕事を『好き』でいたい☆



当り前の事を有り難く思うこと

おことば comments(0) - 上条 さくら
JUGEMテーマ:日記・一般



 『感謝の生活は当たり前の事が
有り難く思えることからから始まる』


日々の生活で、心から喜びを感じた時、その喜びを与えてくれた相手に感謝の気持ちを表したいと思うのはごく自然なこと。

その相手が人間であれば、その人自身や人とのつながりに対し、相手が自然や環境や出来事ということであれば、それらの恩恵や巡りあわせに感謝の念を抱かなければならない。

そういったことを普通に感じ取り、いつも穏やかで落ち着いた喜びの心で過ごすことが本来の人間の姿。

利害や損得によってもたらされる一時的な喜びではなく、今一度、私たちがすでに得ているもの、頂いているものを見直してみてください。

生まれ、育ててもらったこと、学業やスポーツ、仕事に励んでいること、家族の一員であること、健康であることなど、当たり前と思っていることが、実は大変恵まれていることにぜひ気づいてほしいものです。

当り前の事が有り難く思えることから、本当に感謝の気持ちが根付いた人生が送れるものと思います。




以上、T山んちからもらったカレンダーにあったお言葉でした。

わかっちゃいるけど、忘れてしまう大切なこと。

一日の終わりに、その日一日を無事過ごせたこと、ご飯にありつけたことなどなど人に対しても動植物に対しても感謝することは忘れないように寝室にカレンダーをはっつけました

たとえ、一人さびしい夕食でも、作ったのが自分でも、お金を出したのが自分でも
ご飯を食べれること、会社が雇ってくれたから働いてお金を稼げること、作ってくれる人がいるから食材を買えることに感謝して「いただきます」と「ごちそうさま」をいわなきゃね



☆美容ブログランキングに参加しています 人気ブログランキング
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM